風俗店と税金について

税金を納めるのは国民の義務。風俗嬢も同じです。税金の納め方について知っておきましょう。 - 風俗店と税金について

風俗店と税金について

vdggre
風俗を経営する男性やまた風俗で働く女の子にとって、税金についてはしっておかないといけません。やはり稼いだからには納税の義務を果たさないといけないのです。ところが、案外お店の経営者も女の子もわからないことも多いのです。

これから風俗店を経営したい男性へ

これからお店を経営したいなんていう男性は、風俗店に関する税金についてはしっておかないといけません。というのも風俗を営業するときには、届け出をしてから始まります。また女の子を風俗求人で募集などするでしょう。また男性スタッフ募集もあるでしょう。なにかと準備は大変です。しかし、それをしていても忘れがちなのは税金についての情報収集や準備です。
きちんと確定申告をして、納税をしないと、税務署に目をつけられてしまい、結果的に閉店になってしまうこともあります。
やはり確定申告の仕方や日々の帳簿整理の仕方など事前に準備や確認をしておきましょう。
風俗店に関係するものとして、所得税となります。稼いだ額から経費をひいて、それに税率をかけて所得税がきまります。
ところが、所得税を納めていないと、過小申告加算税や無申告加算税が課せられます。本来の税金よりすくなかったことやしんこくしなかったことによる罰則の意味での追加分の税金となります。悪質な税金逃れなと重加算税がさらに課せられます。また延滞税も課せられます。これらのようにいろいろな税金がさらに加わるのでより、金額が高くなってしまいます。

これから風俗店で働きたい女の子へ

風俗求人サイトをみて働きたいと思っている女の子もやはり稼いだら、税金を納めないといけません。
女の子の場合にはほとんどは、自分で確定申告をしないといけません。女の子の場合にも、所得から経費をひき。それに税率をかけて税金の金額を出します。そこから納付となるのです。
自分はお店から手渡しだから、申告しなくてもと思うかもしれませんが、28年度申告よりマイナンバー記載が始まるので、どれだけの効果があるかはわかりませんが、無申告はばれる可能性がでてきました。

申告はそれほど難しくはない

申告は、申告書の用紙やく三枚くらいを記入し、提出することで行われます。申告書も、税務署のサイトからダウンロードすることができます。いったん確定申告をしてみれば、翌年から用紙が自宅やお店にとどくようになるます。
申告書を書くためには、毎日の売上や給料を記録しておくことも必要です。それをすべて合算して所得となります。経費もお仕事でかかったものはすべて記録しておき、それを合算して記入しましょう。経費にできるものは子ページにて紹介しています。
gfbgtrhts
あとは用紙の項目を順番よく埋めていくと、税額が出る仕組みとなっています。
あとは、税務署へともっていき、提出となります。2月15日~3月15日となっています。提出前には職員にチェックしてもらうことができるので、ぜひチェックを依頼しましょう。ただし、そのチェックしてもらいたい人は大勢いて、場所によっては朝9時で100人待ちなんてこともあるくらいです。提出前のチェックを受けるときには、早めに税務署へと出掛けましょう。なお、確定申告はインターネットや郵送でもできるので、チェックは、いらない、大丈夫という人はインターネットや郵送を利用してみるといいでしょう。

最後に

お店によっては税理士に確定申告を依頼するケースもあります。そのときには女の子のぶんまで頼むケースもあります。時分でやるのは難しいという場合には、税理士に相談してみるのもいいでしょう。

Copyright(C)2016 風俗店と税金について All Rights Reserved.